TOP | なんみんハウスとは | 資料室 | アクセス | 支援グッズ | RAFIQ Webへ

 10/7 OSAKAなんみんハウスオープンデー


RAFIQ(ラフィック)はペルシャ語・アラビア語で「友だち」の意味。関西中心に「難民と一緒に暮せる街」を目指して、2002年から様々な活動を行っている市民団体です。
2016年10月に新大阪駅の近くの東三国に「OSAKAなんみんハウス」を開設して2年になります。
これまでのRAFIQの活動やなんみんハウスをもっと市民の方に知っていただきたく、オープンデーを開催いたします。是非お誘い合わせの上、ご来場ください。

日時:2018年10月7日(日) 10:00~16:00
      (予約不要・入退室自由)
場所:OSAKAなんみんハウス アクセス
       大阪市淀川区東三国四丁目9-13
       電話:06-6335-4440

入場料:500円~
     (入場料は支援金として在日難民支援に使わせていただきます。)

内容:RAFIQの活動と難民関係の書籍の展示
    難民・難民問題について知ろう!
    難民の出身国のごはんをたべよう!

スケジュール:
 10:00~ オープン カフェオープン(1F)
 10:30~11:00 難民問題ミニレクチャー(2F学習室)
 11:20~12:00 ワークショップ①1「もし自分が難民になったら…
          国外避難編」(2F学習室)
 12:30~13:00 難民問題ミニレクチャー(2F学習室)
 13:30~15:00 ワークショップ②「もし自分が難民になったら…
          入管収容編」(2F学習室)
 15 :00~16:00 難民の話を聞いて見よう。(2F、シェルター)
 終了後 懇親会




↑ 画像をクリックすると
それぞれPDFで見られます。

まとめて見たい!(pdf)

 ▲ページトップ
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。